語彙力アップで英語初心者にオススメの方法

語彙力アップと言えば、単語帳を真っ先に思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
しかし英語の初心者レベルの方には、単語を丸暗記することは絶対にお勧めできません。

当然のことですが、すべての言語は情報を伝えるために存在します。しかし言語によって、語順が異なることがあります。以下に示す通り、日本語は英語と語順が全く正反対だと言ってもよいでしょう。英語の初心者は、まず英語の語順に慣れることからスタートしましょう。

語彙力アップで覚えておきたい「日本語と英語の語順の違い」

■日本語の語順

時間場所人の行動
いつどこで(誰が)・何を・どうする

■英語の語順

人の行動場所時間
誰が・どうする・(何を) ★どこで ★いつ

人の行動を表す、誰が・どうする・何をが表現できれば、英語の日常会話の70%が成立すると言われています。あとは「場所」「時間」「目的」「理由」などの情報を追加するだけです。しかも情報を追加する「★」の部分には “at, on, in” などの前置詞が来るパターンがほとんどです。英語って、本当は簡単なのです。

英語の初心者は、誰が・どうする・(何を)の語順を意識して、英文を作る練習をするのです。英語は主語の後にすぐ動詞が来ます。「どうする」に注目して、できるだけ多くの「動作表現」をマスターすることが大事です。

日常行動を短文にすると語彙力アップは意外に簡単?

例えば以下のように、自分の日常行動を短い英文で言えるようにしましょう。

  • I get up at 6:00.(私は、起きます、6時に)
  • I eat breakfast.(私は、食べます、朝食を)
  • I change my clothes.(私は、着替えます、服を)
  • I leave home at 8:00.(私は、出ます、家を、8時に)
  • I take a bus to the office.(私は、利用します、バスを、会社へ)
  • I start my work at 9:00.(私は、始めます、仕事を、9時に)
  • I have a meeting in the morning.(私は、あります、会議が、午前中)
  • I go out for lunch at 12:00.(私は、外出します、ランチに、12時に)

こうした動作表現を使った英文をたくさん作り、動作をイメージしながら英文が自然と口から出るようになるまで繰り返して発音する練習をします。そうする過程で、表現力と一緒に語彙も増えていきます。

英文を作るときの注意点として、決して日本語から英訳しないことです。
また、英文は実際に自分が使えるものを作るようにしましょう。

英語初心者の語彙力アップ法まとめ

語彙を増やす前に英語の語順をマスターしよう
日常行動を短い英文で表現する習慣をつけよう
動作をイメージして何度も発音する練習をしよう

特に英語初心者の方は、こうしたトレーニング法を知っているか知らないかで、英語力の伸び方にかなり差が出てきます。効率的且つ自然な英語が身につくように、是非この記事を参考に練習してみてくださいね。