fbpx

なぜ日本人は英語が話せない?
その原因と対策すべき3ステップ

短期間で“情報発信型”の英語を身につけて
バイリンガルに必要な【英語脳】を作り出す
Online Bilingual Training Program 無料オンラインセミナー&説明会

トレーニング実践者の感想

「コミュニケーションスタイルが変わった」(Masaaki)

「海外にいた時より英語の伸び幅が大きい」(Yuki)

「英語だけじゃなく仕事やプライベートでも自信がついた」(Emi)

「同じ内容でも海外のニュースだと全く違う視点が持てる」(Yukihiro)

受け身型と情報発信型 英語コミュニケーションの決定的な違い

質問に対して受け答えをするのが“受け身型”だとすれば、逆に自分の考えや伝えたいことを自分の言葉でしっかり伝えられるのが“情報発信型のコミュニケーション”です。

日本語と同じように、英語や他言語でコミュニケーションを取るには、相手の言葉を理解することは大切です。しかし、多くの日本人は理解することばかりにフォーカスしていしまいがちです。

自ら伝えたいことを発するのが二の次になっていませんか?自分の伝えたいことが伝わるかどうかは、コミュニケーションにおいて最も重要な要素の一つです。

とはいえ、情報発信型のコミュニケーションのレベルは一体どのぐらいなのか?

その一つの指標が3分スピーチです。

実際の3分スピーチをお聞き下さい

My New Lifestyle

Today, I’d like to talk about my new lifestyle I have obtained due to the new coronavirus pandemic.

As COVID-19 spread, our lifestyle has changed a lot. We must wear a face mask when we go out. We also have to avoid unnecessary traveling, and keep a social distance. These are the etiquettes in the new normal.

At the beginning of COVID-19 pandemic, we were worried about the unknown virus. We wondered how long it would last. We felt scared. We were frustrated because we couldn’t meet our friends. However, life is not all bad.

Some of my friends have been working from home. As they don’t need to go to the office, they can plan their daily schedule by themselves. In addition, they have more free time and feel less stressful. One of them said, “I can feel nature better than before.”

Recently, I started having online meetings and drinking parties on Zoom. Through organizing these events, I learned how to use such a useful communication tool.

I also started using Clubhouse app, which is a new type of SNS application. In Clubhouse, members communicate with one another in a group, using only voice. We can’t see people’s faces. There are many chat rooms with different titles. You can join any chat rooms freely. But if you are not confident in speaking English, you can just be a listener.

One day, I visited a chat room titled “Let’s exchange cultures.” I was a bit nervous. There were about 50 members from various countries such as India, Taiwan, Canada and France. Of course, our common language was English. We talked about new trends in each country. I talked about why some young Japanese are not interested in marriage. When I was exchanging ideas, I felt like I was living in a global village. The world is becoming really small.

COVID-19 is a life-changer. My life-style and my ways of thinking have changed, too. If we used the Internet, we can get connected to the people all over the world. In order to enjoy communication with the people in various countries, I’m determined to learn English more.

いかがでしょうか?3分て短いようで意外と長いかったりします。

しかし、この3分スピーチができるようになれば、日常会話はもちろんのこと、Reading(読む力)Listening(聴く力)も自然と身に付いていきます。

そこで、受け身型の学習をしている多くの方に、実際に発信型の学習法に切り替える一歩を踏み出していただくための特別なオンラインセミナー&説明会を開催することにしました。

【オンラインセミナーの内容】

福島式トレーニングで自然と身に付く
ビジネスでも通用する3つのスキル

3つのスキル

英語力アップはもちろんのこと、本トレーニングを実践することでどの職業でも通用する3つのスキルが身に付くように設計されています。

セミナーでお伝えする内容は以下のとおりです。

スキル①【思考力】
英語では結論を先に述べることが求められます。相手から意見を求められた時、自分の考えを即座に伝える事ができる“思考力”は必須。その思考力を鍛えるための「〇〇〇〇トレーニング」とは?

スキル②【問題解決力】
社会問題、環境問題、国際問題などをテーマに、それぞれの問題の「現状」「原因」「解決策」について英語で発表する方法を公開!

スキル③【コミュニケーション力】
相手にわかりやすく、誤解のないように、しかも自分の思っていることをきちんと伝えるコミュニケーション力は重要です。価値観や考え方の全く異なる人とのコミュニケーションを意識して、世界中のどこにいても通用するトレーニングをお伝えします。

初心者でも短期でバイリンガルになれる
福島式3つのステップとは?

日本語と同じように、英語を自由自在に使いこなせるようになるには、脳の中に英語の思考回路である「英語脳」を組み込む必要があります。

福島式は体系的なトレーニングによって、「英語脳」を3ステップで獲得するメソッドです。
トレーニングを積み重ねることで、自然と英語脳が作りあげられていきます。

英語脳を作る3ステップ

  • STEP1:英語脳を開発する
  • STEP2:英語脳を鍛える
  • STEP3:英語脳を完成させる

英語を話すとき、思ったことがすぐに英語で出てきますか?

「NO!」という方は、「日本語を英語」に訳して話をしているからです。伝えたいことがとっさに口から出てこないのは、いちいち日本語を英語に訳しているので時間がかかるのです。

英語脳が完成すると、“英語は英語のまま”イメージして話すことが可能になります。

つらい学習にサヨナラ!
モチベーションをキープする方法

モチベーションアップ

モチベーションがキープできなければ、ゴールに辿り着く前に挫折します。そうならないための「習慣化」「考え方」「目標設定」など、モチベーションを保つためのキモとなる部分をセミナーの参加者限定でお話します。

また、実際に私たちの生徒さんに使っていただいている目標設定シートをプレゼントしますので、そちらを使ってご自身の目標・夢の達成にお役立てください。

バイリンガルへの第一歩を踏み出し
世界に視野を広げてみませんか?

グローバル

私たちが運営する学校に通う生徒さんはもちろん、行き詰まっていると感じている多くの英語学習者に、課題を克服して確実に英語上達を実感して頂きたい。自分の言葉で外国人とも対等にコミュニケーションを楽しんで、もっと日本人としても活躍してほしい。

そんな願いを込めて、長年の経験と最新の情報を基に、アップデートし続けている福島式のメソッドを手軽に体験して頂くのがオンライン化した最大の理由です。

そして、このコロナ禍の状況だからこそ、オンラインプログラムをご提供するための準備を進めてきました。その準備が整い、今回この【Online Bilingual Training Program】の公開に至ります。

グローバル化が進む世の中で「個」が輝ける時代です。

あなたはあなたで、自分らしく、自分の言葉で伝わるコミュニケーション力を手に入れませんか?

これを機に、どこにいてもどんな職業に就いても使えるスキルを身につけて、たくさんの方が世界で活躍されるのを期待しています。

講師紹介

Noriaki Fukushima
英語指導歴40年以上。初心者でも2年でバイリンガルに育てるプロフェッショナル静岡市主催の「シチズンカレッジ」にてボランティア通訳ガイドを養成する講師も務める。

福島範昌(ふくしまのりあき)プロフィール

21歳の時の欧州・中近東20ヵ国ヒッチハイクの旅を含め、訪れた国は30ヵ国以上。独学で英語をマスターし、29歳で上智大学国際学部(現在の国際教養学部)に社会人入学。英語学校経営、通訳・翻訳の仕事をしながら、上智大学大学院修士課程(社会学・比較文化学)を卒業。卒業と同時に国際交流クラブ『WIC』を設立。当時では珍しい国際交流のパイオニア的な存在として各種メディアからも注目を集め、40数ヵ国から集まった約2,000名の会員を有して様々な活動を展開。

その後、大手電器メーカーSONYをはじめ、企業研修や教材開発も行うが、日本人向けに特化した英語学習法を体系化する為に、東京の家や学校を全て引き払いオーストラリアへ渡豪。大学博士課程で応用言語学を研究し福島式英語メソッドを確立する。

福島の著作「英語が英語のままわかる本」をきっかけに、全国の学力テストが10年連続上位の福井県にて、福井県教育庁高校教育課認定高校英語教育アドバイザーに就任。文部科学省:専修学校社会人キャリアアップ教育推進事業 講師なども努める。

現在はプロの英語コーチとして、自信の理念に基づき「日本のカラーで世界を染めよう!」を合い言葉に、世界に誇れる日本の精神・文化・伝統などの情報を世界中へ向けて発信ができる『グローバル人財』の育成に情熱を燃やす。また、プロ・アマ問わず通訳ガイドの育成に取組み、静岡への外国人観光客の誘致やボランティアガイドによるサポートなどに尽力している。過去には新潟県の妙高高原にて研修講師を務め、訪日外国人を狙ったインバウンド事業の成功に貢献。ニックネームは『NORI』で親しまれている。著書・翻訳書多数あり。